アイティメディアとイードの決算がでてたので比較してみた

on

1PVいくら?アイティメディアとイードの決算がでてたので比較してみた


「RBB TODAY」でお馴染みのイード社が上場後初の決算を発表したので、先人であるアイティメディアと比較してみた。

ざっくりまとめると

  • 数字の規模はよく似ている
  • 1PVあたりが2.x円
  • メディアは專門ジャンル運営か多ジャンルか運営か

あたり。

売上規模、営業/経常利益までほぼ同規模。だが・・・

決算資料より ITmedia イード
売上高 3,163 3,706
売上原価 1,223 1,916
売上総利益 1,939 1,789
販管費 1,450 1,288
営業利益 488 500
営業利益率 15.4% 13.5%
経常利益 506 505

*それぞれの資料から転記
*アイティメディア社 平成27年3月期決算説明資料
*株式会社イード「2015年6月期(FY15)」通期決算説明資料
*単位は100万
*売上高はメディアサイトのみではなく、それぞれリードジェン、CMS事業も計上、他数字も同様。

売上高、営業利益、経常利益がほぼ同じ規模で、営業利益率も近い数字になっている。
一方で原価率は38%と51%と10%近くの差があり、イードの原価は原稿料、外注費が多い。(上記資料のP39に記載)

1PVあたりが2.x円

サイト規模 ITmedia イード
月間PV 123 120
月間UU 2,800 2,700
年間PV 1,476 1,440
1PVあたりの売上 2.1円 2.6円
サイト数 44 40
1サイトあたりの原価 27.8 47.9
従業員数 175 219

*先の決算資料から一部転記
*ITmediaの月間PVはアイティメディア主要媒体PV/UB レポート 2015 Julyより
*ITmediaはUUではなくUB表記
*ITmediaのサイト数は上記資料からカウント。

年間の売上を年間のPVで割って算出。売上にはメディア事業以外も含んでいるのでもう少し1PVあたりの単価は下がるはずだが、9月のアイティメディア社長のインタビューでは直近1PVあたり3円との発言もあり、スマホ向けリッチ広告や、ネイティブアドの市場の影響もあり単価の上昇は十分あり得るため、両社とも今後は伸びるでしょう。

(参考)【相場の福の神トップインタビュー】アイティメディア、メディアの新しい成長戦略「リードジェン」で攻める 2015/09/01(火) 17:06:31 [サーチナ]

專門ジャンルか多ジャンルか

アイティメディアとイードの原価の差がここでしょう。
アイティメディアは專門ジャンルに特化しており、業界そのもののノウハウの共有などで全体的なコストが抑えられていて、イードは多ジャンルでそれぞれの担当が必要なため、コストがかかっているのでは。場合によってはサイトのM&Aでスタッフもそのまま転籍もありえるのでしょう。
原価だけの比較だが、一方では、專門ジャンル特化の場合、業界の景気に左右されそうではあると思う。多ジャンルではリスク分散ができることもあるし、単価が高い業界に乗り込むこともできそうですね。

これからどうなる?

それぞれのサイトごとこれからどうなるかの予想をまとめてみた。

アイティメディア

売上の内訳は、メディア広告モデルの他、リードジェネレーションでの売上であり、直近4〜6月の1Qでは、リードジェンが売上の42%を占める。
一方のイードは、売上の80%がメディア事業なので、アイティメディアは「メディアだけ」の売上はまだまだいけそう。
特に、各月のPVの発表では「ねとらぼ」が計上されているようにはみえず、これが計上されると数字のインパクトが出るでしょう。
ちなみに、ねとらぼは4月に5000万PV突破を発表している。
(参考)【御礼】「ねとらぼ」月間5,000万ページビューを達成 | プレスルーム | アイティメディア株式会社

イード

売上の内訳はメディア事業の他、CMSの事業があり、売上の20%を占めるが、3期の推移ではCMS事業は売上は下落傾向。
メディア事業はサイトのM&Aモデルで、サイト運営に注目を集めるが、「FASHION HEADLINE」等、企業のオウンドメディア運営もこれからの需要があるのではないかなと。
また、ここ数年多くのメディアサイトが立ち上がっているものの、終了・閉鎖もあるので、M&Aはまだまだいけそうですね。

オニラのひとこと

Webメディア企業としてはこのくらいがベンチマークかなと。他の同業であれば、メディアジーン、ターゲッティングあたりの数字も見てみたいですね。


最新記事一覧

photo by photo by business men / markus spiske

»
«